会社設立・起業(開業)をお考えの方&されている方の力強いミ・カ・タ

事業復活支援金

事業復活支援金事業復活支援金

コロナの影響を受けた事業の継続・回復を支援するために、中小法人・個人事業者のための事業復活支援金の申請が始まりました。

事業復活支援金を申請する前に登録確認機関による事前確認を受ける必要があります
ただし、過去に一時支援金または月次支援金を受給している場合、原則として、事業復活支援金の申請を行う際に改めて事前確認を受ける必要はありません。

税理士行政書士吉川貢士事務所は事前確認を行う登録確認機関に認定経営革新等支援機関として登録しております。今回は、大変申し訳ございませんが顧問先(もしくは新たに顧問先契約を締結された方)のみの受付とさせていただきます。

事業復活支援金

事業復活支援金差額給付の申請方法と申請期間(2022年6月1日(水)~2022年6月30日(木))について

6月1日(水)から事業復活支援金の差額給付(※)の申請が開始されます。差額給付は、事業復活支援金を受給した方のうち特定の要件を満たす一部の方が申請可能です。対象となる可能性のある方は、マイページ上に差額給付の申請ボタンが表示されます。<申請期間>2022年6月1日(水)~2022年6月30日(木) ただし、6月1日以降に初回給付分を受給された方は、受給した日(※)の翌日から30日間になります。
事業復活支援金

<重要>事業復活支援金の申請期限・事前確認の実施期限の延長について

事業復活支援金の申請期限・事前確認の実施期限の延長について事業復活支援金の申請期限を6月17日(金)まで延長しました。なお、申請前に必要な「登録確認機関による事前確認」の実施は6月14日(火)までとなります。 ただし、申請や事前確認のために必要な「申請IDの発行」は5月31日(火)までとなりますので、ご注意ください。
事業復活支援金

事業復活支援金サポート会場&コールセンターを活用してますか?登録確認機関の事前確認は2022年5月26日に終了です!

事業復活支援金申請にはコールセンターやサポート会場を活用しましょう。コールセンターにて申請IDを作成することが可能ですし、電子申請での申請方法などもコールセンターで親切に案内してくれます。電子申請が行うことが困難な方は、申請サポート会場にて手続きをサポートしてくれます。
事業復活支援金

自分は給付対象?簡単!事業復活支援金シミュレーション(参考用)

事業復活支援金について、自分が給付対象かどうか簡単に知りたいですよね! 事業復活支援金の給付額(申請額)について、自動で計算してくれる給付額シミュレーションが事業復活支援金の公式サイトで公開されています。ご参考までにお使いください。
事業復活支援金

いつまでにしないといけないの?事業復活支援金の事前確認は2022年5月26日まで!

事業復活支援金の申請受付期間は2022年5月31日ですが、登録確認機関の事前確認は、5月26日に終了いたしますのでお早めに登録等お済ませください。
事業復活支援金

事業復活支援金の申請開始。事前確認の登録確認機関、税理士行政書士吉川貢士事務所の対応について

事業復活支援金の申請が始まりました。事業復活支援金を申請する前に登録確認機関による事前確認を受ける必要があります。ただし、過去に一時支援金または月次支援金を受給している場合は改めて事前確認を受ける必要はありません。税理士行政書士吉川貢士事務所は事前確認を行う登録確認機関に認定経営革新等支援機関として登録しておりますが今回は、顧問先(もしくは新たに顧問先契約を締結された方)のみの受付とさせていただきます。
タイトルとURLをコピーしました